一般社団法人 不動産ビジネス専門家協会

明日の不動産ビジネスを切り拓く 不動産ビジネス専門家協会

平成27年度 問7

債務者Aが所有する甲土地には、債権者Bが一番抵当権(債権額2,000万円)、債権者Cが二番抵当権(債権額2,400万円)、債権者Dが三番抵当権(債権額4,000万円)をそれぞれ有しており、Aにはその他に担保権を有しない債権者E(債権額2,000万円)がいる。甲土地の競売に基づく売却代金5,400万円を配当する場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。


1 BがEの利益のため、抵当権を譲渡した場合、Bの受ける配当は0円である。


2 BがDの利益のため、抵当権の順位を譲渡した場合、Bの受ける配当は800万円である。


3 BがEの利益のため、抵当権を放棄した場合、Bの受ける配当は1,000万円である。


4 BがDの利益のため、抵当権の順位を放棄した場合、Bの受ける配当は1,000万円である。

解説

正解 2


1 正しい。BがEの利益のために、抵当権を譲渡した場合、BE間では、EがBに優先して配当を受けることになる。このため、Bが有する一番抵当権で配当されるべき2,000万円は全てEに配当されることになり、Bの受ける配当は0円となる。


2 誤り。BがDの利益のために、抵当権の順位を譲渡した場合、DがBに優先して配当を受けることになる。本来BとDが受けられる配当の合計は3,000万円(B2,000万円+D1,000万円)であり、この全額がDに配当される。その結果Bに配当すべき残額はなく、Bへの配当は0円となる。


3 正しい。BがEの利益のために、抵当権を放棄した場合、BE両者への本来の配当額の合計額2,000万円(B2,000万円+E0円)をそれぞれの債権額の割合(B2,000万円:E2,000万円)に応じて配分することになる。BとEの債権額は同額であることから、BとEはそれぞれ1,000万円ずつ配当を受けることになる。


4 正しい。BがDの利益のために、抵当権の順位を放棄した場合、BD両者への本来の配当額の合計額3,000万円(B2,000万円+D1,000万円)をそれぞれの債権額の割合(B2,000万円:D4,000万円)に応じて配分することになる。したがって、Bの受ける配当は1,000万円、Dが受ける配当は2,000万円となる。