一般社団法人 不動産ビジネス専門家協会

明日の不動産ビジネスを切り拓く 不動産ビジネス専門家協会

平成27年度 問4

A所有の甲土地を占有しているBによる権利の時効取得に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。


1 Bが父から甲土地についての賃借権を相続により承継して賃料を払い続けている場合であっても、相続から20年間甲土地を占有したときは、Bは、事項によって甲土地の所有権を取得することができる。


2 Bの父が11年間所有の意思をもって平穏かつ公然に甲土地を占有した後、Bが相続によりその占有を承継し、引き続き9年間所有の意思をもって平穏かつ公然に占有していても、Bは、時効によって甲土地の所有権を取得することはできない。


3 Aから甲土地を買い受けたCが所有権の移転登記を備えた後に、Bについて甲土地所有権の取得時効が完成した場合、Bは、Cに対し、登記がなくても甲土地の所有者であることを主張することができる。


4 甲土地が農地である場合、BがAと甲土地につき賃貸借契約を締結して20年以上にわたって賃料を支払って継続的に交錯していても、農地法の許可がなければ、Bは、時効によって甲土地の賃借権を取得することはできない。

解説

正解 3

 

1 誤り。賃借人は目的物を自己の所有物として占有しているわけではない(所有の意思がない)ため、所有権を時効取得することはない。


【民法】

(所有権の取得時効)

第162条  20年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得する。

2  10年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかったときは、その所有権を取得する。


2 誤り。相続人は民法187条第1項の承継人にあたる(最高裁判決昭和37年5月18日)。よって、Bの父の占有とBの占有をあわせると20年となり、甲土地の所有権を取得することができる。


【民法】

(占有の承継)

第187条  占有者の承継人は、その選択に従い、自己の占有のみを主張し、又は自己の占有に前の占有者の占有を併せて主張することができる。

2  前の占有者の占有を併せて主張する場合には、その瑕疵をも承継する。


3 正しい。不動産の時効取得者(B)は,取得時効の進行中に原権利者(A)から当該不動産の譲渡を受けその旨の移転登記を経由した者(C)に対しては、登記がなくても,時効取得を主張することができる(最高裁判決昭和41年11月22日)。


4 誤り。時効による農地の賃借権の取得については,農地法3条の規定の適用はなく,同条1項所定の許可がない場合であっても,賃借権の時効取得が認められる(最高裁判決平成16年7月13日)。