一般社団法人 不動産ビジネス専門家協会

明日の不動産ビジネスを切り拓く 不動産ビジネス専門家協会

平成27年度 問30

宅地建物取引業者Aは、Bが所有する宅地の売却を依頼され、専任媒介契約を締結した。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反するものはいくつあるか。

 

ア Aは、Bが宅地建物取引業者であったので、宅地建物取引業法第34条の2第1項に規定する書面を作成しなかった。

 

イ Aは、Bの要望により、指定流通機構に当該宅地を登録しない旨の特約をし、指定流通機構に登録しなかった。

 

ウ Aは、短期間で売買契約を成立させることができると判断したので指定流通機構に登録せず、専任媒介契約締結の日の9日後に当該売買契約を成立させた。

 

エ Aは、当該契約に係る業務の処理状況の報告日を毎週金曜日とする旨の特約をした。

 

  1. 一つ
  2. 二つ
  3. 三つ
  4. 四つ 

解説

正解 3

 

 

ア.違反する。依頼者が宅地建物取引業者であっても、媒介契約書を交付しなければならない。

 

イ.違反する。専任媒介契約の場合には、媒介契約の日から7日以内(休業日を除く。)に、物件に関する一定事項を、指定流通機構に登録しなければならず、これに反する特約は無効とされている。

 

【宅地建物取引業法】

(媒介契約)

第34条の2(第1項から第4項まで略)

5  宅地建物取引業者は、専任媒介契約を締結したときは、契約の相手方を探索するため、国土交通省令で定める期間内に、当該専任媒介契約の目的物である宅地又は建物につき、所在、規模、形質、売買すべき価額その他国土交通省令で定める事項を、国土交通省令で定めるところにより、国土交通大臣が指定する者(以下「指定流通機構」という。)に登録しなければならない。

(第6甲から第8項まで略)

9  第3項から第6項まで及び前項の規定に反する特約は、無効とする。

 

ウ.違反する。専任媒介契約の場合には、媒介契約の日から7日以内(休業日を除く。)に指定流通機構を登録しなければならない。

 

エ.違反しない。専任媒介契約の場合、宅地建物取引業者は2週間に1回以上業務の処理状況を依頼者に報告しなければならない。毎週金曜日に報告するということは1週間に1回行うことになるので、宅地建物取引業法の規定に反しない。

 

よって、宅地建物取引業法に違反するのはア、イ、ウの3つであり、正解は3となる。