一般社団法人 不動産ビジネス専門家協会

明日の不動産ビジネスを切り拓く 不動産ビジネス専門家協会

平成27年度 問25

地価公示法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。


1 都市計画区域外の区域を公示区域とすることはできない。


2 正常な価格とは、土地について、自由な取引が行われるとした場合におけるその取引において通常成立すると認められる価格をいい、この「取引」には住宅地とするための森林の取引も含まれる。


3 土地鑑定委員会が標準地の単位面積当たりの正常な価格を判定する際は、二人以上の不動産鑑定士の鑑定評価を求めなければならない。


4 土地鑑定委員会が標準地の単位面積当たりの正常な価格を判定したときは、標準地の形状についても公示しなければならない。

解説

正解 1


1 誤り。都市計画区域だけでなく、「土地取引が相当程度見込まれるものとして国土交通省令で定める区域(国土利用計画法第12条第1項の規定により指定された規制区域を除く。)内の区域についても公示区域とすることができる(地価公示法第2条第1項)


【地価公示法】

(標準地の価格の判定等)

第2条  土地鑑定委員会は、都市計画法 (昭和43年法律第100号)第4条第2項に規定する都市計画区域その他の土地取引が相当程度見込まれるものとして国土交通省令で定める区域(国土利用計画法(昭和49年法律第92号)第12条第1項の規定により指定された規制区域を除く。以下「公示区域」という。)内の標準地について、毎年1回、国土交通省令で定めるところにより、二人以上の不動産鑑定士の鑑定評価を求め、その結果を審査し、必要な調整を行つて、一定の基準日における当該標準地の単位面積当たりの正常な価格を判定し、これを公示するものとする。(以下略)


2 正しい。地価公示法第2条第2項参照。


【地価公示法】

(標準地の価格の判定等)

第2条(第1項略)

2  前項の「正常な価格」とは、土地について、自由な取引が行なわれるとした場合におけるその取引(農地、採草放牧地又は森林の取引(農地、採草放牧地及び森林以外のものとするための取引を除く。)を除く。)において通常成立すると認められる価格(当該土地に建物その他の定着物がある場合又は当該土地に関して地上権その他当該土地の使用若しくは収益を制限する権利が存する場合には、これらの定着物又は権利が存しないものとして通常成立すると認められる価格)をいう。


3 正しい。地価公示法第2条第1項参照。


4 正しい。地価公示法第6条参照。


【地価公示法】

(標準地の価格等の公示)

第6条  土地鑑定委員会は、第2条第1項の規定により標準地の単位面積当たりの正常な価格を判定したときは、すみやかに、次に掲げる事項を官報で公示しなければならない。

一  標準地の所在の郡、市、区、町村及び字並びに地番

二  標準地の単位面積当たりの価格及び価格判定の基準日

三  標準地の地積及び形状

四  標準地及びその周辺の土地の利用の現況

五  その他国土交通省令で定める事項