一般社団法人 不動産ビジネス専門家協会

明日の不動産ビジネスを切り拓く 不動産ビジネス専門家協会

平成27年度 問17

建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。


1 防火地域及び準防火地域外において建築物を改築する場合で、その改築に係る部分の床面積の合計が10㎡以内であるときは、建築確認は不要である。


2 都市計画区域外において高さ12m、階数が3階の木造建築物を新築する場合、建築確認が必要である。


3 事務所の用途に供する建築物をホテル(その用途に供する部分の床面積の合計が500㎡)に用途変更する場合、建築確認は不要である。


4 映画館の用途に供する建築物で、その用途に供する部分の床面積の合計が300㎡であるものの改築をしようとする場合、建築確認が必要である。

解説

正解 3

 

1 正しい。建築基準法第6条第2項。


【建築基準法】

(建築物の建築等に関する申請及び確認)

第6条 (第1項略)

2  前項の規定は、防火地域及び準防火地域外において建築物を増築し、改築し、又は移転しようとする場合で、その増築、改築又は移転に係る部分の床面積の合計が十平方メートル以内であるときについては、適用しない。

(第3項以下略) 


2 正しい。大規模建築物に該当する場合には、都市計画区域外においても建築確認の対象となる。木造の建築物で3以上の階数を有するものは大規模建築物に該当する。

 

3 誤り。事務所は一般建築物であるが、ホテルは特殊建築物である。特殊建築物で床面積の合計が100㎡を超えるものについては、建築確認が必要となる。

 

4 正しい。映画館は特殊建築物であり、床面積の合計が100㎡を超えているため建築確認が必要となる。