一般社団法人 不動産ビジネス専門家協会

明日の不動産ビジネスを切り拓く 不動産ビジネス専門家協会

過去問

近年宅建試験の難化傾向が続いており、直近10年分の過去問に取り組んだだけでは合格することは難しいと言われています。

 

比重が落ちたと言っても、依然として本試験の40-50%は過去問と同様の問題が出題されているわけで、そういう問題をきちんと正解しておかなければ、合格を勝ち取ることは容易ではありません。

  

もちろん、過去問と一言一句同じものが出るわけではありません。しかし、本試験で出題されやすい分野はどこなのか、どのような形で問われるか、といったことを知ることができる素材としては、過去問に勝るものはないと言ってよいでしょう。

平成27年度(2015年度)

権利関係

法令上の制限

税・価格

宅地建物取引業法

問26 問27 問28 問29 問30 問31 問32 問33 問34 問35

問36 問37 問38 問39 問40 問41 問42 問43 問44 問45

 

その他(免除科目)

問46 問47 問48 問49 問50