一般社団法人 不動産ビジネス専門家協会

明日の不動産ビジネスを切り拓く 不動産ビジネス専門家協会

ご挨拶

インターネットを活用して、誰でも自分の家を貸し出すことができるサービス「Airbnb」が話題というか、問題になっています。

 

一つは旅館業法の問題です。

 

旅館業法では、「宿泊料を受けて人を宿泊させる営業」を行う場合、都道府県知事等の許可が必要とされており、自宅に旅行者を宿泊させるという行為も、反復継続して行っていれば業にあたる可能性が高いと考えられます。

 

もう一つは、近隣との問題です。

 

特に分譲マンションの場合、不特定多数の者が出入りするという前提ではないため、他の区分所有者や入居者との間でトラブルとなるケースが出てきています。

 

遵法性とかトラブル防止は勿論重要なことです。

 

しかし、一方で新しいビジネスモデルを既成概念だけで否定するのではなく、より調和のとれたものに昇華させていくことも大事ではないでしょうか。