一般社団法人 不動産ビジネス専門家協会

明日の不動産ビジネスを切り拓く 不動産ビジネス専門家協会

ご挨拶

本年4月より、従来の「宅地建物取引主任者」が「宅地建物取引士」に名称変更となりました。

 

名称の変更だけに焦点があてられがちですが、宅地建物取引士について下記の条項が追加されていることにも注目すべきです。

 

  • 宅地又は建物の取引の専門家として、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実にこの法律に定める事務を行うとともに、宅地建物取引業に関連する業務に従事する者との連携に努めなければならない(第15条)。
  • 宅地建物取引士の信用又は品位を害するような行為をしてはならない(第15条の2)。
  • 宅地又は建物の取引に係る事務に必要な知識及び能力の維持向上に努めなければならない(第15条の3)

 

当協会としましては、このような法改正の趣旨を踏まえ、不動産ビジネスに関わる専門家として高度の職業倫理の保持と知識・能力の研鑽に資する活動を行ってまいります。