一般社団法人 不動産ビジネス専門家協会

明日の不動産ビジネスを切り拓く 不動産ビジネス専門家協会

國府 栄達


プロフィール

都市銀行、医療用ソフトウェア開発会社、都内の行政書士法人の勤務を経て、東京都中央区日本橋にてアーネスト行政書士事務所を開業。自身の金融機関での業務経験を踏まえ、金融商品取引法が施行されてから現在に至るまで、一貫して金融商品取引業の法務・コンプライアンスの分野に専門特化して活動中。

 

保有資格: 行政書士(特定行政書士)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士

主な業務内容

金融商品取引業、不動産投資顧問業等の登録申請、届出及び報告等

金融商品取引業に係る社内規則・法定書面等の作成、法定帳簿(業務に関する帳簿書類)の整備、社内研修の企画・講師、広告規制対応など

その他金融商品取引業に係るコンプライアンス・内部管理態勢の支援

インタビュー

Q:國府さんが現在携わってらっしゃる業務は、どのような内容でしょうか?

 

A:私の事務所では現在、数ある事業分野の中でも、金融商品取引業に特化して、たとえばファンド事業や不動産信託受益権の取引に参画したい、というお客様(企業)を対象に、登録申請手続きや社内規則・法定書面の作成などを中心に、金融商品取引業に係るコンプライアンス・内部管理体制の整備・維持をサポートさせていただいております。

 

Q:國府さんの事務所ならではの「強み」は何でしょうか?

 

A:まず、私は金融商品取引法が施行された平成19年当時から現在の業務に携わっており、不動産会社やAM会社をはじめ、FX会社や証券投資顧問会社、各種ファンド会社など、金融商品取引法に係る様々な分野のお客様の幅広いご相談・要望に対応してきた経験と実績から、多様な金融商品取引業の業種への対応が可能なことが挙げられると思います。特に、銀行員時代に実際に自身で証券営業を経験し、その他ベンチャー企業勤務時代にはISO規格の認証取得に向けた組織・社内体制づくりや内部監査の実務も経験しているため、法律論だけではない「実務」の視点を大切にした対応を心掛けています。

 

Q:最後に、不動産ビジネスに携わっている方に対して、一言お願いいたします。

 

A:昨今、金融商品取引法をはじめとして各種法規制が厳格化する方向にある中、「コンプライアンス」という言葉が叫ばれることも多くなりましたが、私は、車の運転に例えるならば、コンプライアンスとは車のブレーキではなく「カーナビ」だと考えています。

すなわち、車を走らせるに当たり、正しい道のりをあらかじめ把握して、車が途中で道に迷ったり、間違った道を走ることなく、トップギアで駆け抜けることができるよう正しくナビケートする活動だと考えます。経営において、コンプライアンスは、企画や営業と同じく利益を生み出すために必要な活動なのです。不動産ビジネスの現場におかれましても、こんな視点でコンプライアンスを意識されてみてはいかがでしょうか。

 

お問い合わせ先

アーネスト行政書士事務所

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-3-6 協同ビル203号室

TEL 03-6225-2303

http://www.earnest-office.com

國府栄達のコラム

週刊ビル経営連載コラム第6回(2016年10月10日)
10月から何が変わった?押さえておきたい新しい取引時確認の4つのポイント!
週刊ビル経営_PREB通信20161010.pdf
PDFファイル 258.5 KB