一般社団法人 不動産ビジネス専門家協会

明日の不動産ビジネスを切り拓く 不動産ビジネス専門家協会

皆藤 一郎

不動産に関わる売主・買主・貸主・借主全てのポジションをプレーヤーとして経験しており、また、住宅・商業・オフィスの全てのジャンルを経験していることから、1人でワンストップ不動産相談窓口となることができます。

プロフィール

平成2年住友不動産(株)入社。住宅・商業施設・公益施設の複合開発、マンション開発・分譲業務に従事し、平成12年退社。(株)マツモトキヨシにて店舗開発、オフィスビルデベロッパーにて営業・開発業務に従事の後、平成22年日本橋アセットコンサルタントを創業。オールラウンドな不動産の経験を活かし、ソリューション型のビジネス提案をモットーとする。

 

保有資格: 宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、貸金業務取扱主任者

 

主な業務内容

 事業用収益不動産、事業用地、投資用物件の売買仲介
マンション、戸建住宅の売買仲介・売買に関するコンサルティング

 

インタビュー

Q:皆藤さんが現在携わってらっしゃる業務は、どのような内容でしょうか?

 

A:私が代表を務めている日本橋アセットコンサルタントでは、事業用収益不動産、事業用土地、投資用物件の売買仲介のほか、マンション、戸建住宅の売買仲介・売買に関するコンサルティング業務を行っております。また、相続の事前対策や相続税支払いのための対策などを不動産売買・土地有効活用を用いて解決するためのコンサルティング業務や、ビルオーナー様からご依頼を頂いて、オフィス物件の賃貸仲介、オフィスビルの取得・売却のお手伝いに関する業務にも携わっています。

 

Q:皆藤さんの事務所ならではの「強み」は何でしょうか?

 

A:大手不動産会社、流通業店舗開発などに在席して「売主・買主・貸主・借主」の全ての立場を自ら経験して来た経験を活かし、ケース毎に依頼者の立場に立ったソリューション型の提案を行なうことをモットーとしています。また、各専門分野士業の方々や工事会社・管理会社・同業者など業界のネットワークを幅広く持っているため、不動産が関わる課題解決のための総合窓口となることができます。

 

Q:不動産ビジネスに携わっている方に対して、一言お願いいたします。

 

A:不動産取引は、経験や事例だけに頼るのでなく、常に市場や法律などを踏まえた多角的な視点から、問題や条件を一つ一つひも解きつつ要件を整理し、案件ごとにオーダーメイドで対応することが必要です。私は、お客様にお会いして、地道に信頼関係を築き、ミッションを成立させた後も、長いお付き合いを続けられる不動産コンサルタントを目指しています。どうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせ先

日本橋アセットコンサルタント

〒103-0027 東京都中央区日本橋1-2-10東洋ビル6階

TEL 03-5299-9777

ウェブサイト http://www.nihombashi-ac.jp

当協会での活動実績

2015年3月16日

第15回勉強会(不動産業者に何を期待するか?~ 不動産業者を核とした異業種ビジネスコラボレーションについて)にて講師を担当。


皆藤一郎のコラム

週刊ビル経営_PREB通信20160613.pdf
PDFファイル 238.4 KB